鬱病の診断基準と症状|心的症状と身体的症状

身近な鬱病の特徴とは?

検査結果の正確性を高める

笑顔の女性

現行の鬱病の検査方法は正確性に掛けており、近年ではその正確性を高めることを目的とした補助技術が導入されるようになりました。その技術は光トポグラフィーと呼ばれるもので、客観的判断材料を得られる検査方法となっています。

詳細を読む

心的症状について知る

カウンセリング

鬱病における心的症状には、様々なものが存在します。もし、気分障害や意欲・思考の低下、自殺念慮・希死念慮といった症状に思いあたる点があるという人がいれば、鬱病である可能性があります。

詳細を読む

身体的症状とは

悩む女性

鬱病における身体的症状というのは、心的症状に比べて知られていません。鬱病になると、気分が落ち込む等の心的症状の他に、睡眠障害や食欲不振・過食、血行障害等の身体的症状が現れることがあるのです。

詳細を読む

悩みのない暮らしを送る

医者とナース

心を健やかに保つのは簡単そうに見えて実は難しいと言われています。気持ちが落ち込んでいたり、食欲が沸かないといったトラブルが起きているなら鬱病かもしれません。しっかりと改善に努めましょう。

詳細を読む

辛い症状を和らげる

医師

鬱病には痛みが伴うと言われていますが、様々な身体の部位に症状が出てくるので気が付かないというケースが多くみられます。放っておくと大変なことになってしまうので改善をするようにしましょう。

詳細を読む

非定型鬱病について

ハートを持つ医師

数多く存在する精神疾患の中でも、代表的なものとして「鬱病」が挙げられます。鬱病は気分の落ち込みや意欲・関心の喪失、食欲不振・過食、睡眠障害、躁状態、罪悪感、集中力の低下、自殺念慮・希死念慮といた症状が現れる精神疾患です。これらの症状はあくまで一例であり、その他にも様々な症状が現れます。ただ、それらの全ての症状が全て同時に現れる訳ではないので、誤解しないようにしましょう。基本的に、前述した症状のうち5つ以上現れている状態が2週間以上続いた時、鬱病だと診断されます。ただし、現れている5つ以上の症状が毎日、全ての行動に伴っている時に限ります。例えば、勉強や仕事、家事等を行なっている時は精神的に辛く、その間だけ前述した症状のうち5つ以上が現れていたとしても、趣味に没頭している時や娯楽を楽しんでいる時には症状が現れないというのであれば、鬱病とは診断されません。しかし、それは以前までの話です。

最近では、前述した鬱診断基準に沿わない鬱病を患う人が多くなってきています。非定型鬱病と呼ばれており、嫌だと思うことに対してのみ症状が現れ、楽しい時には症状が現れないといった特徴があります。そのため、「甘え」や「心の弱さ」といった目で見られることが多い病気となっており、世間からの理解は中々得られていません。しかし、実際に非定型鬱病を患っている人の多くは、自身のその状態について苦しんでいます。中には、改善のために精神科や心療内科で治療を受けている人もいるでしょう。しかし、周囲の人に甘えだと思われている状態では、精神的負担を受け続けることになります。鬱病の治療は、精神的負担の一切ない状態でなければ効果がありません。つまり、周囲の理解が無いために、非定型鬱病を患っている人は症状を改善することができていないのです。もし、周囲にそういった症状で悩んでいる人がいるのであれば、「甘え」や「心の弱さ」であると思ってしまったとしても、口に出してはいけません。口に出すことによって、その人を傷つけてしまうだけでなく、自身の心の狭さまで露見させてしまうことになるでしょう。